八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「不法投棄しないで」 富野校児童がアピール

学校前を通過するドライバーにチラシを配り、不法投棄をしないように呼びかける富野小中学校の児童ら=9日午後

学校前を通過するドライバーにチラシを配り、不法投棄をしないように呼びかける富野小中学校の児童ら=9日午後

撲滅強化月間スタート

 不法投棄撲滅強化月間が9日、スタートし、富野小中学校の児童8人が同校前を通過するドライバーに不法投棄とポイ捨て防止を呼びかけるチラシを配布すると共に、「不法投棄をしないように、協力をお願いします」と声をそろえてアピールした。

 同月間は引っ越しなどで人の移動が活発になり、不法投棄が発生しやすいことから実施しているもので、昨年に続いて2回目の取り組み。市と県、八重山署、石垣海上保安部は4月10日までの月間中、清掃活動やパネル展、ポスター掲示などを行うことにしている。

 同校の児童たちは1月の環境学習で不法投棄について学んでおり、6年生の土方海人君(12)は「不法投棄をなぜするのか分からない。やる大人はだらしない。いつか不法投棄がなくなり、島がきれいになってほしい」と話した。

 チラシ配布に先立ち9日午後、市役所ピロティで出発式が行われ、中山義隆市長は「不法投棄の撲滅には市民の理解が必要。観光が基幹産業の当地。(同月間の)取り組みが清潔で美しい街づくりにつながってほしい」とあいさつした。

 同署管内では昨年1年間に、廃家電を埋めたケースと他人の敷地に投棄したケースの2件を送致した。

 不法投棄をした場合、廃棄物の処理および清掃に関する法律で懲役5年以下もしくは1000万円以下の罰金。法人の場合は3億円以下の罰金が科せられる。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム