八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

水稲にカピバラ被害 名蔵大田原

辺りを警戒し茂みから顔をのぞかせるカピバラ=9日午後4時30分ごろ、白水橋北側

辺りを警戒し茂みから顔をのぞかせるカピバラ=9日午後4時30分ごろ、白水橋北側

農家「本当に困っている」

 名蔵大田原周辺の水田で、稲の苗がカピバラに荒らされる被害が起きている。JAおきなわによると、大田原周辺の水稲農家から7、8件の被害報告が上がっており、昨年11月には収穫前の稲も被害に遭った。近くのあぜ道では巣穴が確認され、カピバラは集めた稲をため込んでいたという。

 八重山地区営農振興センター水稲部会の翁長孝夫部会長は「有害鳥獣に指定されていないので駆除ができない。捕獲するしかないが、難しい。市とも相談して対応したい」と話した。JAおきなわ水稲担当の山根聡さんは「雑食と聞いている。近くにパイン畑もあるので心配」とほかの作物への被害も懸念する。

 2月18日に植え付け前の苗41箱が被害に遭った石垣市登野城の上地国博さん(74)は「植える前なので保険もおりない。本当に困っている」と話した。

 カピバラが最初に目撃されたのは2013年3月に新川川付近。市消防が捕獲を試みたが失敗している。

 カピバラはリスやネズミと同じ齧歯(げっし)類で最大種といわれる。南米東部のアマゾン川流域を中心とした温暖な水辺に生息する。

  • タグ: カピバラ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム