八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今年の石垣寄港16日から スタークルーズ

今季過去最高の寄港回数を予定しているスタークルーズ社の「アクエリアス号」。昨年の最終寄港時に撮影=2014年10月30日、石垣港

今季過去最高の寄港回数を予定しているスタークルーズ社の「アクエリアス号」。昨年の最終寄港時に撮影=2014年10月30日、石垣港

過去最多の87回計画
経済効果に期待、課題も

 スタークルーズ社の「アクエリアス号」(5万1309㌧)が16日から今年の石垣島寄港をスタートする。12月30日までの日程で、前年を28回上回る過去最多の87回の寄港を予定している。沖縄シップスエージェンシー石垣支店によると、ア号は2014年の石垣島寄港は59回で、乗客数は7万9886人だった。

 ■食事は1人1万円

 海外からのクルーズ船で八重山を訪れる観光客は増加を続けており、2014年には前年のほぼ2倍となる16万9037人で、過去最高を記録。ス社のクルーズ船寄港が昨年を大幅に上回ることで、地元の観光業界は経済効果への期待を膨らませている。

 クルーズ船の乗客を対象にした島内ツアーで昼食を提供する宮平観光㈱の親盛一功代表取締役社長は「今季の寄港回数増加による経済効果は大きい。食事の消費額は1人1万円と高く、台湾からの観光客をいかに取り込めるかが重要」と語る。

 ■応急措置求める声

 南ぬ浜町では現在、旅客船ターミナル整備工事が進んでいるものの、業界関係者は「石垣港への外国客船の寄港は今後も増え続ける見込み。新規ターミナルの完成が待たれるが、既存施設の改修も必要。今後の経済効果は高まるばかりだ」(沖縄シップスエージェンシー石垣支店の松田新一郎支店長)と応急的な措置を求める声が出ている。

 観光文化スポーツ局の大得英信局長は「受け入れ環境の強化は図りたい。外国人観光客に向けた着地型観光を目指し、今季の寄港回数を維持したい。経済効果を島の雇用に結び付けたい」としている。

  • タグ: クルーズ船
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム