八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平和の調べに思い新た

フィナーレで出演者とともに「ふるさと」を歌う来場者ら=8日午後、八重山平和祈念館

地元の声楽家ら出演
戦争体験、若い世代へ

 「音楽は平和のメッセージ」をテーマにした第12回平和コンサート(同実行委員会主催)が8日午後、八重山平和祈念館で行われ、地元の音楽家が平和の調べを奏でた。

 八重山戦争マラリア遺族会(佐久川勲会長)を中心に実行委(委員長・佐久川会長)を結成して開催。100人余が来場し、音楽を通して平和への思いを新たにした。

 地元在住の声楽家、楽器奏者ら20人余が出演。「芭蕉布」「戦争マラリアがなかったら」「涙そうそう」「忘勿石」「ひまわり」など14曲を披露、フィナーレは出演者と会場が一体となって「ふるさと」を合唱した。

 八重山高校卒業生で放送研究部に所属していた古堅真帆さん(18)が司会を務め、友人の新城春菜さん(同)、仲島未来さん(同)が受付を担当するなど、若い世代もコンサートに関わった。

 新城さんは「来場者から平和だからやりたいこともできると言われた。昔より戦争が近くなっているような気がするので、こういう機会は意味があると思う」、仲島さんは「将来、教師を目指しているので、戦争体験を聞いて次の世代につなげていきたい」と感想。

 佐久川会長は「戦争マラリアの深い傷跡は今も消えていない。音楽の力で平和の心を発信したい。若い世代にも伝えていきたい」と話した。

  • タグ: 平和イベント
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム