八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

十種競技3位の中村明彦が指導

約150人の参加者に投てきの指導などを行った2014年のアジア競技大会十種競技3位の中村明彦=7日午前、市中央運動公園陸上競技場

石垣島ジュニア陸上教室

 第5回石垣島ジュニア陸上教室(石垣島アスリートクラブ主催)が7日、市中央運動公園陸上競技場で開催され、昨年のアジア競技大会十種競技3位の中村明彦(スズキ浜松アスリートクラブ所属)が、小学1年から一般まで総勢約150人にウオーミングアップや投てきなどを手ほどきした。

 第1部のウオーミングアップでは片足で立ちながら体を前傾させ、バランス感覚を養いながら体を動かす方法を紹介。その後、3グループに分かれ、短距離、走り幅跳び、投てき競技のボーテックス投げの指導が行われた。

 第2部は、100㍍、走り幅跳び、ボーテックス投げ、1000㍍の混成競技で得点を競う「石垣島最強陸上王決定戦」が行われ、小学1~3年男子は武富勇翔(八島小3年)、同女子は仲原聖菜(平真小2年)、小学4~6年男子は山下啓翔(大浜小6年)、同女子は川本莉子(平真小6年)、中高生男子は前三盛喬貴(八重高2年)、同女子は玉城茉歩(石垣第二中2年)が優勝した。

 中村選手は「フレンドリーで元気な子が多い。教えたことをやろうとする素直さを感じた。自分たちも普段のトレーニングに取り入れている体の動かし方などは、年齢に限らずやっておいて損はない。混成競技はいろんな種目に挑戦して得手不得手を把握し、さらに各種目を頑張ることが醍醐味(だいごみ)」と話した。

 同じ混成競技者の前三盛は「中村選手は体も走りも迫力あった。幅跳びのジャンプで具体的なアドバイスをもらえた。刺激になり、絶対にインターハイに行きたいと思った。今年はじめて記録を計った。夏に向けていい調整をしたい」と感想を語った。

  • タグ: 石垣島ジュニア陸上教室
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム