八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

道産子で列島縦断 きょう与那国でゴール

旅を共にするみっちーにまたがり、ゆっきーの手綱を引き、2頭の体調を確認する山川晃平さん=2日午前、石垣市新川にある波ん馬の牧場

旅を共にするみっちーにまたがり、ゆっきーの手綱を引き、2頭の体調を確認する山川晃平さん=2日午前、石垣市新川にある波ん馬の牧場

北海道大の山川晃平さん

 日本在来馬8種類が生息する地を巡り、日本固有馬が減少している現状を訴え、保護につなげようと、北海道の在来馬「道産子」に乗って日本縦断をしている北海道大学獣医学部の山川晃平さん(24)=和歌山県出身=が3日、ヨナグニウマが生息する日本最西端の与那国島でゴールする。

 山川さんは2014年8月30日に札幌市の同大を出発。本州を縦断して長野、愛媛、宮崎、長崎、鹿児島、宮古島と南下。2月28日に石垣島に到着した。出発から7カ月後の3日、フェリーで目指す与那国島に渡る。

 旅の”同行者”は同大で飼育されていた栗毛(くりげ)の「道柳」(みっちー・オス)と川原毛の「道雪」(ゆっきー・同)。知人の牧場主を通して買い取った。馬の背には寝袋や食料、餌となる飼料、専用のサプリメントなど約60㌔の荷物を乗せる。

 山川さんは「2頭の生命を預かる立場として餌や水、宿の確保に苦慮した。自分が2度、体調を崩して入院し、気が休めない毎日だった」と振り返る。

 ゴールの与那国島への出発を前日に控えた2日、「島に道産子が来るのは初めてと聞き、子どもたちに在来馬の存在を知ってもらいたい。この旅で自分と馬が互いに成長し、絆ができた」と目を輝かせた。

 山川さんの夢は「人と動物の間に立つ獣医師」。

  • タグ: 列島縦断道産子北海道大学
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム