八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ヒマワリでサンゴ保全〜石垣島サンゴウイーク

芝浦工業大学の学生とヒマワリの種をまく子どもたち=2月28日午後、市内新川、池原さんのほ場

芝浦工業大学の学生とヒマワリの種をまく子どもたち=2月28日午後、市内新川、池原さんのほ場

子どもたちが大学生と種まき

 「石垣島サンゴウイーク2015」(同実行委員会主催)が2月27日に始まり、芝浦工業大学(東京都江東区)の学生9人が同28日午後、市内新川でヒマワリを増やしてサンゴ保全を行う「サンゴを守ろうひまわり大作戦」を実施し、市内の親子や小学生ら30人が約30㌃の畑にヒマワリの種をまいた。

 昨年に続いて実施。ヒマワリを植えることで赤土が流れ出しにくくなるほか、景観の改善や緑肥としての効果が期待できるという。同大のプロジェクトリーダー、山崎慧さん(21)は「ヒマワリは赤土流出の防止策に適している。多くの人々にサンゴを守るきっかけを与えたい」と話す。

 家族4人で参加した下地圭子さん(32)は「サンゴ保全の教育は家庭では難しく、限界がある。子どもたちと体験できてよかった」と喜んでいた。

 ほ場を提供した池原吉勝さん(64)は「農家が自分の畑を守るという意識を高め、次の世代を担う子どもたちが環境保全を学ぶ機会になれば」と期待した。

 学生たちはサンゴの保全をテーマにした物語の紙芝居や模型を使った赤土流出実験も行った。

  • タグ: サンゴウイーク
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム