八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

PM2.5、防災無線で注意喚起

県八重山保健所の屋上に設置されているPM2.5の観測機器=23日午後

県八重山保健所の屋上に設置されているPM2.5の観測機器=23日午後

石垣市 市民の問い合わせに

 県からPM2.5(微小粒子状物質)の注意喚起情報があった場合、石垣市は防災行政無線や災害情報一斉メールで注意喚起することにしている。

 かすんだり、もやがかかったりする気象状況になると、市民から「PM2.5ではないか」との問い合わせがあるためで、市は独自の情報伝達手段を使って市民に知らせることにした。

 県は県内5カ所に測定機器を設置、石垣市では県八重山保健所の屋上で観測している。

 1日平均値が70μg/立方メートル(マイクログラムパー立方メートル)を超えると予想された場合に注意喚起情報が出るが、観測機器を設置して約1年になる石垣局では注意喚起のレベルに達したことはない。

 県の観測速報値は、石垣市のホームページ(HP)からもアクセスできる。一斉メール配信制度は、市防災機器管理室のHPで登録方法を紹介している

  • タグ: PM2.5防災無線
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム