八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

500発の花火夜空彩る 新春花火大会

石垣島新春花火大会の前夜祭で打ち上げられた花火。21日夜は1500発がレーザーショーとともに夜空を彩る

石垣島新春花火大会の前夜祭で打ち上げられた花火。21日夜は1500発がレーザーショーとともに夜空を彩る

今夜は1500発

 日本最南端石垣島新春花火大会(主催・石垣市)の前夜祭が20日夜、八島埠頭用地で行われ、500発の花火が南国の夜空を飾った。

 メーンの21日は午後8時10分から、石垣島まつりの3倍規模の1500発が打ち上げられ、レーザーショーが彩りを添える。

 会場には飲食店コーナー、キッズコーナーが設けられ、午後5時の開場から大勢の市民、観光客が訪れた。

 石垣市出身の新良幸人と宮古島市出身の下地勇のユニット「SAKISHIMAmeeting」、サンサナーがステージを盛り上げた。

 中山義隆市長は「冬場のイベントとして初めて花火大会を開催した。21日が本番。多くの市民や観光客に楽しんでもらいたい」と呼びかけた。

  • タグ: 花火大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム