八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

児童虐待防止へ連携強化を 民生委員研修会

研修会に参加した八重山地区民生委員・児童委員たち=18日午後、市健康福祉センター視聴覚室

研修会に参加した八重山地区民生委員・児童委員たち=18日午後、市健康福祉センター視聴覚室

比嘉准教授(沖国)が講演

 八重山地区民生委員・児童委員研修会(同協議会主催)が18日午後、石垣市健康福祉センターで開かれた。沖縄国際大学人間福祉学科の比嘉昌哉准教授が児童虐待をテーマに講演し、生後間もない子どもの虐待死の多発について▽医療機関と行政の連携強化▽妊婦に対する切れ目ない行政サービス▽思春期からの性に対する正確な情報提供―などの対策を挙げた。

 3市町の委員70人余りが参加。

 比嘉氏は、全国の児童相談所が2014年度に受け付けた児童虐待に関する相談の件数が、児童虐待防止法が施行する前の1999年度の6.3倍に増えていることを示し、対策が急務となっていることを強調した。

  • タグ: 児童虐待
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム