八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

22日に底地ビーチフェスタ SUPやライブなど多彩イベント

第2回底地ビーチとぅもーる(海)FESTAへの呼びかけを行った石垣島沿岸レジャー安全協議会の成底正好会長(右2人目)ら=18日午後、石垣市役所市民相談室

第2回底地ビーチとぅもーる(海)FESTAへの呼びかけを行った石垣島沿岸レジャー安全協議会の成底正好会長(右2人目)ら=18日午後、石垣市役所市民相談室

 第2回底地ビーチとぅもーる(海)FESTA(石垣島沿岸レジャー安全協議会主催)が22日午前10時から同ビーチで開かれる。人気が集まっているスタンド・アップ・パドル・サーフィン(SUP)の無料体験教室や木登り、カヌー、たこ作り教室のほか、アーティスト生ライブでは迎里計、石垣喜幸、黒石髙子舞踊研究所、真地米子太鼓研究所、石垣島ベリーダンスサークルが出演する。参加費は無料。

 同イベントは市の受入基盤強化事業・底地海水浴場滞在満足度向上事業を導入して実施。昨年11月の第1回に続き、2回目。参加者やボランティアにアンケートを行って課題を洗い出し、同海水浴場の集客力を高めることが目的。

 前回は約150人がアンケートに回答し、「イメージを明るくしてほしい」などの要望があったことから、漂着ブイをペイントして「ごみを持ち帰ろう」のメッセージを込めたカエルの宣伝物を設置する予定。八重山高校の生徒が漂着ごみで制作したアートも展示する。

 成底正好会長は「子どもたちに海辺の空間を感じてもらい、親子で遊びを楽しんでほしい」と話している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム