八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょうからそろって店頭へ 高校生考案のおにぎり4種

考案したおにぎりを手にPRする野原未来さん、林美羽さん、新垣玲央奈さん、浦崎未羽さん(右から)=19日正午ごろ、ココストア石垣市役所前店

考案したおにぎりを手にPRする野原未来さん、林美羽さん、新垣玲央奈さん、浦崎未羽さん(右から)=19日正午ごろ、ココストア石垣市役所前店

ヘルシーメニューコン入賞作

 昨年のヘルシーメニューコンテスト(八重山保健所主催)のおにぎり部門で入賞した4作品が20日からそろってココストア全店で販売されるのを前に、レシピを考案した高校生らが19日午後、市内でPRした。

 4作品のうち、「梅しそ肉まき」と「えだまめとさけのおにぎり」は13日から先行販売しており、1日140個近くを売り上げる人気ぶり。

 「梅しそ肉まき」を考案した新垣玲央菜さん(八商工2年)は「肉まきなのであったかい方が美味しい。パッケージに『温めてから食べてください』と入れてもらった」と販促にも工夫を凝らす。

 20日から店頭に並ぶのは「ピラたま」と「マグロおにぎり」。「マグロおにぎり」を考案した野原未来さん(八重農2年)は「少し恥ずかしい。自分のを取って(買って)くれるか心配」と不安げ。

 八重山商工高校の平山藤恵教諭は「冬休みの宿題で2年生全員にレシピを提出してもらい応募した。職員朝会で先生たちにも呼びかけて買いに行ってもらった」と、売り上げのアップに向けて教え子たちを後押しする。

 おにぎりを製造するランチフーズの運営会社、仲間商店の森戸大和営業部長は「売れ行きは好調で1日140個近く売れている。通常の売れ筋商品とほぼ同じ数」と話す。

  • タグ: ヘルシーメニューコンテストおにぎり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム