八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

思いやりの心育む

育てた人権の花を漢那副市長らにプレゼントする児童ら=18日午後、同校体育館

育てた人権の花を漢那副市長らにプレゼントする児童ら=18日午後、同校体育館

八島小で人権の花開花式

 本年度の人権の花推進校に指定されている八島小学校(吉濱剛校長、児童271人)の「人権の花開花式」が18日午後、同校体育館で行われ、全児童が昨年10月に植え付けた苗の開花を喜んだ。 

 人権の花運動は児童が協力しながら花を育て、思いやりの心と人権思想を育むのを目的に法務省が1982年度から実施している。

 同校では、昨年10月にマリーゴールドやインパチェンス、ベゴニアなどの種をまき、全児童で水やりなど役割分担をして花を育ててきた。

 開花式では、同校の栽培委員が運動の取り組みをスライドで紹介した。

 石垣人権擁護委員協議会の宮良清盛会長が「校門をくぐるとたくさんの花が出迎えてくれた。花づくりで学んだことを生かして、皆さんの心にも花を咲かせてください」とあいさつ。

 全児童を代表して番場萌さん(6年)が「人権の花運動を通して人を思いやる心を学んだ。花に寄り添うように、友達にも寄り添っていきたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム