八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

満員の観客、やいま歌堪能 150人が華麗な舞台

八重山古典民謡コンクール40回記念東京公演で「鷲ぬ鳥節」を斉唱する出演者たち=15日午後、北とぴあさくらホール

八重山古典民謡コンクール40回記念東京公演で「鷲ぬ鳥節」を斉唱する出演者たち=15日午後、北とぴあさくらホール

八重山古典民謡コン40回記念東京公演

 【東京で松井弥恵子記者】八重山古典民謡コンクール40回記念東京公演「ばがー島 八重山うた」(八重山毎日新聞社主催)が15日午後、東京都北区の北とぴあさくらホールで開かれ、八重山、那覇、東京、東海の出演者総勢150人が多彩な八重山芸能を繰り広げた。会場には開始前から郷友らが長蛇の列をつくり、満席となった。観客は演目ごとに盛んな拍手を送り、最後は出演者と一緒にモーヤーに熱狂、盛り上がった。

 公演は2部構成で行われ、第1部は出演者全員による斉唱「鷲ぬ鳥節」「鶴亀節」「目出度節」で座開き。「蔵ぬぱな節」「まるまぶんさん節」「揚古見ぬ浦節」などが続いた。幕あいには東京の会員が「繁昌節」など4曲を歌い、盛り上げた。

 第2部の幕開けを飾った「赤馬節」では、秀風会本盛秀八重山民俗舞踊研究所の衣装の華やかさと出演者104人の息の合った斉唱に会場から歓声が上がった。

 「大本山崇び」では、光扇会宇根由基子八重山民俗舞踊研究所が厳かに舞い、喝采を浴びた。「鳩間節」(正調、早調子)では東京在の勤精舞の会と紀翔の会が息の合った踊りを披露。八重山古典民謡箏曲澄韻会、黒島スマ子箏曲研究所、當山規子箏曲研究所、徳八流森田佐知夫太鼓道場も賛助出演し、舞台に花を添えた。

 4保存会から選抜された29人は独唱で堂々と伸びやかな歌声を披露、観客から「ありがとう!」の掛け声や指笛が送られた。フィナーレの「六調節」では観客も出演者と一緒にモーヤーを舞い、一体となって盛り上がった。

 八重山古典民謡保存会本部の金城英皓会長は「大成功に終わり、ホッとしている。今後も八重山古典民謡の保存と継承に切磋琢磨(せっさたくま)しながら頑張っていきたい」、公演開催地ということもあり、中心となった東京八重山古典民謡保存会の東玉盛靖修会長は「観客があれだけ入るのはめったにないことで本当にうれしい。今後も気持ちを新たに発展していきたい」と力強く語った。

  • タグ: 八重山古典民謡コンクール40回記念東京公演
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム