八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観衆3300人が歓声 翔太、伊志嶺ら活躍

3300人の観衆がプレーを見守った千葉ロッテマリーンズの紅白戦第2戦=15日午後、市中央運動公園野球場

3300人の観衆がプレーを見守った千葉ロッテマリーンズの紅白戦第2戦=15日午後、市中央運動公園野球場

千葉ロッテ紅白戦第2戦

 千葉ロッテマリーンズの紅白戦第2戦が15日午後、市中央運動公園野球場で開催され、1軍の紅組と2軍の白組が対戦、大嶺翔太と伊志嶺翔大が1軍で途中出場した。この日も14日の第1戦に引き続き晴天に恵まれ、気温も前日より1.7度高い24.3度まで上昇。会場には初戦を上回る今キャンプ最多の3300人(主催者発表)が詰めかけた。

 大嶺翔は五回裏、1番加藤翔平の代打で出場、その後、今江敏晃に代わって三塁の守備位置に入った。打撃は2打数2三振、守備ではゴロを一つ難なくさばいてみせた。

 伊志嶺は八回裏、1死から左翼線に二塁打を放ち出塁した角中勝也の代走として出場。清田の右飛球からタッチアップで三塁を奪った。

 白組は初回、無死満塁で4番の井上晴哉が左翼線への適時二塁打を放ち、5番金澤岳の中堅への犠飛、6番三木亮の右翼への適時打で一挙4点を先制。

 紅組は二回裏、4番ハフマンの死球、5番角中の振り逃げ、6番清田育宏の中前打で無死満塁をつくると7番青松敬鎔の中前2点適時打で追い上げ。

 五回に紅組は、3番今江が左翼前で2死一塁とし、ハフマンの左翼線への二塁打の間に生還し1点差に詰め寄ったが及ばなかった。

 六回裏には途中から白組三塁手に入った新入団の香月一也が、清田の放った三遊間への打球に果敢に飛びつき捕球、一塁でアウトにすると、会場からは歓声が上がった。

 石垣島キャンプは15日が第3クール最終日。17日からは第4クールに入り、練習日は残すところ4日間となる。

  • タグ: 千葉ロッテ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム