八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「依存症の疑い」16% 20代女性は4割も

26813.png

八重山保健所が初の飲酒アンケート 46%が「危険な飲酒」

 飲酒する男性の10人のうち1、2人に依存症の疑いがあり、10人のうち4、5人が依存症につながりかねない危険な飲み方をしている−。県八重山保健所が飲酒と健康に関するアンケートを初めて行ったところ、飲酒する男性の15.9%が依存症の疑いあり、46.0%が「危険な飲酒」をしていることが分かった。女性では、こうした「問題飲酒」をしている割合が20代で39.6%に上った。保健所では「適正飲酒や酒害に関する普及啓発、問題飲酒の早期発見と早期介入が必要だ」としている。

 沖縄県のアルコール性肝疾患による死亡率は、2011年度のデータで男性が10万人に対して12.6人と全国平均(6.6人)の約2倍。女性も全国平均の0.8人から1.1人と上回っている。

 このため、県は「健康おきなわ21」の重点項目の一つにアルコール対策を盛り込んでいる。

 調査は昨年6月から9月にかけ、県警安全運転学校八重山分校で運転免許証を更新する20~60代の男女を対象に実施。問題飲酒を早期に発見する目的で世界保健機関(WHO)が作成したアンケート用紙「オーディト」1829枚を回収、このうち質問項目すべてに回答のあった1460枚をデータにまとめた。

 アンケートの結果、男性は84.2%が酒を飲むと回答。1回で飲む酒の量は適正と言われる2ドリンク(20㌘=ビール500㍉㍑、泡盛0.5合、缶酎ハイ350㍉㍑、ワイングラス2杯に相当)が23.7%で、残り76.3%が適正飲酒量を超えた。

 6ドリンク以上を飲む頻度、飲み始めると止められなかった頻度、飲酒のため前夜のことを思い出せなかった頻度など10項目を点数化したところ、依存症と疑われる割合が15.9%、依存症の予備軍と言える危険飲酒をしている割合が46.0%だった。

 一方、女性は52.8%が飲むと回答。このうち適正飲酒を超えていたのは49.4%と半数。依存症の疑いが3.0%、危険な飲酒が20.2%となり、20代がそれぞれ4.7%、34.9%と高くなった。

 女性は男性に比べて依存症や肝疾患につながりやすい上、妊娠や出産への影響も懸念されることから、保健所では母子保健指導と連携した取り組みの必要性を指摘する。

 保健所の担当者は「詳細な分析をしてどの年代にどのようなアプローチができるか検討していきたい」としている。

 県内では各保健所でも同様のアンケートを実施したか実施中。今後、他地区と比較しながら、地域特性があるかどうかもみていくことにしている。

  • タグ: 飲酒アンケート
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム