八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新火葬場の完成図を公開 4月着工、来春供用開始

新火葬場の完成イメージ図

新火葬場の完成イメージ図

市役所ロビーで20日まで

 石垣市は、新火葬場整備事業の実施設計に基づき立体図面を作成し、広く市民に知ってもらおうと9日から市役所ロビーでパネルと映像で紹介している。20日まで。事業は現火葬場向かい側の5085平方㍍で今年3月までに用地造成工事を行い、4月以降の早い時期に着工、来年4月の供用開始を目指している。

 完成図によると、白を基調にした建物で、屋根には赤瓦を配している。煙突は見えないようにした。着火する際に煙が出るが、後は出ないという。入り口が北向きのため、エントランス部分に車寄せ用の屋根を設け、雨よけ、風よけの対策とする。

 建物は地上2階建てで、延べ床面積は1405平方㍍で現施設の約5倍。1階は火葬、管理、待合の3部門で構成され、2階は集じんろ過機械室。

 現施設の火葬部門は炉室(3炉)、炉前ホール(集会室)、機械室しかないが、新施設にはほかに告別ホール、収骨室、待合室2部屋、更衣室、シャワー室などが完備される。炉前ホールは吹き抜け。待合室の1部屋には畳部屋と祭壇を設け、密葬にも対応できるようにする。自然光を取り入れるため光庭も設ける。

 火葬時間は冷却時間を含め70分。

 現施設は、2016年度に解体し、跡地を駐車場とする。

 新火葬場は▽旅立つ故人の尊厳を大切にする▽見送る人の心を大切にする▽緑に囲まれて心を癒やせる▽周囲の景観に配慮した空間をイメージしている。

総事業費は約9億円。

 供用開始に向けては、市が1月14日に設置した新火葬場運営検討委員会(委員長・入嵩西正治自治公民館連絡協議会会長、委員10人)が管理運営の外部委託、利用時間や利用料金の設定などを検討している。

  • タグ: 新火葬場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム