八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

25年見据え医療介護で構想 圏域別供給体制も盛り込む

地域医療構想策定などについて意見を交わす八重山地区保健医療協議会のメンバーら=5日午後、八重山保健所会議室

地域医療構想策定などについて意見を交わす八重山地区保健医療協議会のメンバーら=5日午後、八重山保健所会議室

 八重山保健所(崎山八郎所長)は5日、同保健所会議室で本年度の八重山地区保健医療協議会(13人)を開き、2016年度までに策定する予定の沖縄の地域医療構想について説明した。

 同構想は医療介護総合確保推進法に基づくもので、団塊の世代が75歳を迎える25年を見据え、限られた医療・介護資源を活用して必要なサービスを確保するために策定する。八重山など各圏域の医療・介護の供給体制も盛り込む。

 県は、年齢階級別の人口構成や有病率などのデータをもとに、現在の医療や介護の提供体制を再点検しながらモデル像を描いていく。

 崎山所長は「医療の需要や必要量を推計し、あるべき医療・介護の提供体制について圏域ごとのビジョンを盛り込む」と説明した。

 委員からは「団塊の世代が75歳以上になると、介護の現場ではマンパワーが足りなくなる。真剣に考えないといけない」との意見が挙がった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム