八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表トンネルをすっきり 恒例のボランティア清掃

30人余りが参加した西表トンネルのボランティア清掃=4日

30人余りが参加した西表トンネルのボランティア清掃=4日

やまねこマラソンまであと2日

 第22回竹富町やまねこマラソン大会(竹富町体育協会主催)が7日に開かれるのを前に、23㌔コースの参加者が走り抜ける西表トンネルの清掃作業が1日、行われた。清掃作業は今年で9年目。那根操研究所の門下生やスポーツ推進委員、白浜公民館の館員ら合わせて30人余りのボランティアが参加した。作業は例年は3時間以上かかるが、今年は参加者が多く、2時間ほどで終わった。

 全長675㍍の西表トンネルには砂や土が積もっていたほか、ビニール袋や空き缶などもあり、一輪車7台分のごみを回収した。

 清掃の総仕上げは㈲東洋工業と共立生コン工業㈱の協力で、散水車やミキサー車が登場。トンネル内の砂やほこりを水で洗い流し、すっきりときれいになった。

 参加した保護者からは「西表トンネルは子どもたちの通学路。自転車で毎日通っている。明日からは気持ちよく通うことができる」と喜ぶ声が聞かれた。

 女性のなかには「きれいになったトンネルを抜けると、白浜公民館や婦人会、老人クラブが心を込めて育てた花と、風光明媚(めいび)な白浜の山々が選手のみなさんを温かく迎えてくれます」と大会当日に向けてPRに意気込む声も。

 大会関係者は「今年も多くの方々の協力で、西表トンネルの清掃作業を無事に終えることができた。選手の健闘と完走を祈る」と話した。(曽根田容子通信員)

  • タグ: やまねこマラソン大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム