八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

高校生が活動のまとめ発表 ピアサポーター養成講座

活動のまとめを発表する思春期ピアサポーター養成講座の受講生=1月31日午後、市健康福祉センター

活動のまとめを発表する思春期ピアサポーター養成講座の受講生=1月31日午後、市健康福祉センター

 NPO法人「Love Peer Priceやいま」(大谷タカ子代表)の思春期ピアサポーター養成講座を受講した3高校の生徒13人が1月31日午後、石垣市健康福祉センターで報告会を開いた。

 受講生は、昨年10月に各学年1クラスの生徒を対象に行ったアンケートの結果を基に▽若年妊娠▽出産▽性感染症—について報告。

 「何のために性行為をすると思うか」との問いに高校1年生90人中20人、同2年生83人中24人、同3年生94人中8人が無回答だったことについて、発表した高校生は「1、2年生に比べて3年生は無回答が少なく、成長を感じられる回答が多かった」と述べた。

 八重山農林高校食品製造科3年の長間理菜さん(18)は「アンケートをまとめるのは大変だったが、いろんな意見が分かってよかった。若年妊娠などについて友達と話せる環境をつくっていきたい」、新垣未来さん(同)は「活動後は周りの友達からの性の相談を受けられるようになった。何も知らない人たちを減らしていけるよう学んだことを伝えていきたい」と感想を語った。

 大谷代表は「中高校生が自分の道を自分で切り開く力を身に付け、主体的に考える機会になればと思う」と述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム