八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

5年ぶりの優勝を ロッテ石垣入り

2月1日のキャンプインを前に空路石垣入りした千葉ロッテマリーンズの選手、監督らを出迎えた大勢の地元ファンやマスコミ=30日夕、南ぬ島石垣空港

2月1日のキャンプインを前に空路石垣入りした千葉ロッテマリーンズの選手、監督らを出迎えた大勢の地元ファンやマスコミ=30日夕、南ぬ島石垣空港

1、2軍合同キャンプ

 2月1日のキャンプインを前に、千葉ロッテマリーンズの選手65人を含め、監督、スタッフ総勢121人が30日夕、空路石垣入りした。南ぬ島石垣空港では地元ファンや石垣島協力会などの関係者ら約200人が出迎えた。山室晋也球団社長は「今季は伊東監督の下、熱く、勇ましく、泥臭く、勝利にこだわっていく。優勝し、水牛車を先頭にパレードしたい」と力強く語った。ロッテの石垣島キャンプは今年で8年目、昨年に引き続き1、2軍合同で、2月1日から20日まで、市中央運動公園を主会場に展開される。

 東京の降雪の影響で約30分到着が遅れたが、選手らは疲れの色を見せず、ファンが待つ到着ロビーに姿を見せた。JTA石垣空港所職員が「鷲ぬ鳥節」の三線演奏でチームを歓迎した。

 同ロビーで行われた歓迎式に、山室社長、伊東勤監督、青山道雄2軍監督、岡田幸文選手会長と大嶺祐太投手、翔太選手が出席。

 山室社長は「大嶺祐太、翔太は昨季、1軍同時出場するなど着実に力をつけている。今季、投打のヒーローとしてお立ち台に立って、チームを盛り上げてほしい」と期待の弁。

 先日の第9回千葉ロッテ杯・第8回大嶺祐太旗で優勝した少年武蔵の玉木聖也主将(平真小5年)ら6人が花束を贈った。

 同協力会会長の中山義隆市長は「新空港開港以降、観光客も増加し、八重山観光は好調だ。ロッテの選手たちもこの地で力をつけて、リーグを制覇し、日本一になってほしい」と激励。

 ISHIGAKI26の大城文博会長は「5年ぶりの優勝への第一歩がここから始まる。大嶺兄弟も開幕1軍スタートできるよう頑張ってほしい。伊東監督も“泥臭く”をテーマにしており、基本に立ち返った野球に意気込みを感じる。石垣島のファンも今キャンプから1年間、戦う気持ちだ」と話した。

  • タグ: 千葉ロッテマリーンズキャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム