八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

牛舎屋根に太陽光パネル 発電所の稼働祝う

牛舎屋根に設置された太陽光パネル=30日午後、JAおきなわ八重山肥育センター

牛舎屋根に設置された太陽光パネル=30日午後、JAおきなわ八重山肥育センター

JA八重山肥育センター

 石垣市白保にあるJAおきなわ八重山肥育センターの牛舎屋根に設置された沖縄協同ガス㈱・JAおきなわ八重山肥育センターの太陽光発電所の点灯式が30日午後、現地で行われ、関係者が発電所の稼働を祝った。

 同発電所は牛舎の屋根に太陽光パネル918枚を設置、出力は176.7㌔㍗。年間総発電量は17万5594㌔㍗を見込んでいる。事業費は約7000万円。発電した電気はすべて売電し、年間収入は約737万円を見込む。

 牛舎屋根に設置することで、放射熱の軽減につながり、和牛の肥育環境を向上するメリットもある。

 主催者あいさつで沖縄協同ガスの比嘉貞雄社長は「2008年から太陽光発電事業を展開してきた。ガス機器と太陽光を併用し、エネルギーのベストミックスとして、省エネから創エネへと取り組んでいきたい」と述べた。

 JAおきなわの東仲盛潤常務理事は「JAグループでは東日本大震災後、再生エネルギーの利活用を進めてきた。JA八重山支店でも太陽光パネル設置を終えており、大浜SS、パイン集荷場、資材購買店舗にも設置を進めている」と述べた。

  • タグ: 八重山肥育センター太陽光パネル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム