八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

インフルエンザ感染拡大 定点当たり122人(第4週)に

インフルエンザの患者が増加し、医療機関で受診する患者が増えている=27日夜、上原内科医院

インフルエンザの患者が増加し、医療機関で受診する患者が増えている=27日夜、上原内科医院

市内小中校で3学級閉鎖

 石垣市内でインフルエンザが拡大している。県八重山保健所によると、1月19日から25日までの第4週に定点医療機関3カ所から報告のあった患者数は366人と、第3週(12〜18日)の230人から106人増えた。定点当たりの患者数も第3週の76・67人から122人に増加、警報基準(定点当たり30人)を大きく上回った。感染拡大により、石垣市内では27日現在、小中学校の計3クラスが学級閉鎖となっている。

 保健所によると、第4週に入ってから小中学生の患者が増加。市教委によると、新川小、平真小、大浜中でそれぞれ1クラスが「感染拡大のおそれがある」として学級閉鎖となっている。

 市内の医療機関では受診者が急増。混み合う時間帯では、診察から処方箋を受けるまでに長時間を要するケースも。

 夜間診療を行っている上原内科医院(登野城)の上原秀政院長は「1月の第2週から患者が増え始め、今週は多い。うがいや手洗いなど常識的な予防を徹底してもらいたい」と呼びかけた。

 小学生の長男(8)と保育園の次男(4)が相次いでインフルエンザに罹患(りかん)したという30代の母親は「発熱から5日間、学校にも行けない。薬で熱が下がり、元気もあるのに外に出られない。夫と交互に仕事を休まないといけないので大変」と話した。

 保健所では予防の徹底、感染拡大の防止のほか、かかりつけ医での受診を呼びかけている。担当者は「救急で受診する人が多く、救急の現場がアップアップの状態。なるべく平日の日中にかかりつけ医を受診して、救急医療体制の確保に協力してもらいたい」と話している。

  • タグ: インフルエンザ学級閉鎖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム