八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

前年比76㌧の増産 14年産米

2014年一期米の等級検査をするJAおきなわの職員=2014年6月(資料写真)

2014年一期米の等級検査をするJAおきなわの職員=2014年6月(資料写真)

一期米、品質面でも良好

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターは22日までに、2014年産米(玄米)の搬入実績をまとめた。石垣・西表両地区の一期米・二期米の合計搬入量は約1122㌧で、前年比約76㌧の増産となった。西表地区の二期作は14年産から新品種ミルキーサマーを作付けしたため前年と比較できないが、品質面では両地区の一期米(ひとめぼれ)は前年に比べて1等級比率が高くなっている。

 搬入実績によると、石垣地区の一期作搬入量は799㌧で前年に比べて62㌧増。等級は1等級が約594㌧で全体の74.3%、2等級は196㌧で同24.5%、3等級9.5㌧で同1.2%。

 西表地区の一期作は159㌧で前年に比べて9㌧増。1等級116㌧で全体の73.2%、2等級42㌧で26.8%、3等級はゼロだった。

 一期作について同センターは「4月の低温と5月の集中豪雨で減収が懸念されたが、品質・収量ともに前年を上回る結果となった。石垣では一斉防除の効果で1等級比率が上がり、西表では共同防除で2等以下がない結果となった」としている。

 一方、石垣地区の二期作(ひとめぼれ)搬入量は153㌧で前年に比べて4㌧増。2等級91㌧で全体の55%、3等級61㌧で同45%、規格外はゼロだった。

 西表地区の二期作(ミルキーサマー)は11.55㌧で前年(ひとめぼれ)の10.77㌧に比べて0.77㌧増。全量が3等級だった。

 西表島の新品種に対して同センターは「等級は良くなかったものの、収量と歩留まりに関してはひとめぼれを上回る結果となった。今後は食味のいい米生産に取り組みたい」としている。

  • タグ: 14年産米一期米
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム