八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

笑顔のゴールで恩返し 大病から復帰の森本さん

大病から復帰し、笑顔でゴールする森本千恵子さん=25日午後、市運動公園陸上競技場

大病から復帰し、笑顔でゴールする森本千恵子さん=25日午後、市運動公園陸上競技場

2度の手術と3カ月の入院乗り越え

 「本当にありがとう」—。フルマラソンに出場した森本千恵子さん(43)=大阪=は昨年の石垣島マラソン大会終了後に子宮頸(けい)がんを患い、2度の手術と3カ月の入院生活を経て、復帰戦となる今大会を完走、ゴール後には友人や知人への感謝の言葉を語った。大会アナウンスもゴール前に森本さんを紹介し、会場からは温かい拍手が送られた。

 森本さんは10年ほど前からイベントのたびに石垣島に通うようになり、スキューバダイビングやトライアスロン、マラソンなどを通して石垣島の友人も増えてきた。

 そんななか、昨年の石垣島マラソンから1週間後に病気が発覚。同2月から約3カ月間の入院生活となった。

 闘病中は「もう走れないかもしれない」との思いもよぎったが、石垣関係者の便りに励まされたという。「たくさんの人たちに心配してもらったので、今日は石垣島の人たちに笑顔のゴールをみせようと走った」と満面の笑み。

 「石垣島に帰ってきたい一心で(闘病生活を)頑張ることができた。目標を持って頑張れば必ずかなうと信じていた」と振り返る。記録は3時間52分9秒で、「前回とほとんど同じでびっくりした。医者も驚くと思う」と話した。

 ゴール後には大会に参加していた石垣市内の友人が駆け付け、10㌔の高嶺美香子さん(54)は「石垣島に帰ってきて走ってくれると信じていた」、23㌔の槙原由里さん(36)は「フルマラソン完走だけでも大変なのに、復帰してすぐにこのタイムでゴールするなんてすごいとしか言えない」と森本さんの回復を喜んだ。

  • タグ: 石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム