八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

1日2往復4便に ANA、羽田石垣線を増便

4月24日から羽田—石垣路線で就航するボーイング787—8型の同型機(ANA提供)

4月24日から羽田—石垣路線で就航するボーイング787—8型の同型機(ANA提供)

787−8型機を初投入 輸送力が大幅アップ

 全日本空輸(ANA)は3月29日から10月24日までの間、中型機のボーイング767−300(270席)を就航させている羽田—石垣線を現行の1日1往復2便から2往復4便に拡大し、4月24日からは最新機種のボーイング787—8型機(335席)を初めて投入する。提供座席数は現行の倍以上となり、輸送力が大幅アップ。日本トランスオーシャン航空(JTA)を加えた南ぬ島石垣空港の羽田路線は、1日4往復8便と充実強化されることになる。

 ANA沖縄支店によると、3月29日から4月23日までは現行の中型機1機、4月24日からは最新中型機を加えた2機で運航。さらに夏場の観光シーズンとなる7月10日から9月末までは最新中型機1機で4便の運航を計画する。

 運航期間中、1日当たりの往復提供座席数は現行の540席から1080席、1210席とそれぞれ増え、ピーク期には約2.5倍の1340席に増加。JTAの現行580〜600席を合わせた両社の羽田路線は計1920〜1940席となる。

 運航時間は羽田発が午前7時50分と同11時15分、石垣発が正午と午後3時台を予定している。

 ANAの羽田石垣路線の2014年乗降客数は19万3906人で石垣空港発着の県外路線で最多を記録、前年の16万7620人から15.68%伸びた。

 沖縄支店は「東京直行便の需要があり、良い路線になっている。さらに便数を増やしても需要が見込めると判断した」と話している。

 一方、ANAは4月24日からは石垣—福岡間で1日1往復2便も運航する。10月24日までの期間運航。

  • タグ: ANA
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム