八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カリー観光バス停設置市が許可方針

要請の回答について市側の説明を聞く県ハイヤー・タクシー協会八重山支部の会員ら(左)=21日午後、石垣港ターミナル2階会議室

要請の回答について市側の説明を聞く県ハイヤー・タクシー協会八重山支部の会員ら(左)=21日午後、石垣港ターミナル2階会議室

タクシー協会に伝える

 石垣市の漢那政弘副市長は21日午後、㈲カリー観光バスの石垣港離島ターミナルへの新規バス停設置を認めないよう求めている県ハイヤー・タクシー協会八重山支部の請盛真実支部長ら役員と石垣港ターミナル会議室で面談し、「庁内できちんと議論した結果、(設置許可を)出す方向」と回答した。時期については明言しなかった。

 タクシー協会支部は「離島ターミナルのバスプールは手狭で過密状態。新規バス停の提供は辞めてほしい」と反発、「行政は許可するだけではなく、タクシー乗務員の声を聞き、地元の足として大切にしてほしい」と訴えた。

 施設を管理する港湾課では「バス乗降場の一つをカリー観光に提供する考えで検討している。現状は他社に影響はなく、十分なスペースはある」と説明。漢那副市長は「市は申請に対して判断するだけ。(タクシー)乗務員の生活は考えており、今後は信頼関係を密にしたい」と理解を求めた。

 請盛支部長は「協会としては断固反対。新規バスが運行すればタクシーに乗らないのは明らか。設置許可はしてほしくない」と納得しなかった。

  • タグ: カリー観光バス
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム