八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

インゲンなど本土市場へ 地区園芸協が初荷式

万歳三唱をした後、拍手で初荷を送り出す園芸農家ら=9日午後、磯辺パイン集荷場

万歳三唱をした後、拍手で初荷を送り出す園芸農家ら=9日午後、磯辺パイン集荷場

高値取引を期待 販売実績2億円見込む

 インゲンやゴーヤ、花卉(かき)など八重山地区で栽培された園芸作物の2015年出荷が9日から始まった。6部会で構成する八重山地区園芸協議会(大濱克彦会長、150人)は同日午後、磯辺にあるパイン集荷場で初荷式を行い、高値で安定した取引に期待を寄せた。14年度の園芸品目は出荷量330㌧(前年度230㌧)、販売実績は2億3000万円(同1億5464万円)を見込んでいる。

 協議会によると、14年度の園芸品目は干ばつや10月の台風接近の影響などで播種(はしゅ)に遅れが出たものの、その後は順調に生育。各農家が肥培管理を徹底して反収アップを図ってきたという。

 初荷はインゲン、ゴーヤ、スイカ340㌔、花卉など。2月中旬にはオクラ、同月下旬にはカボチャの出荷が本格化する。カボチャは石垣島と西表島で計155㌧を見込む。

 初荷式で大濱会長は「温暖な八重山から東京市場などに出荷する。本土市場で石垣島、西表島の園芸品目はブランドが確立されていると確証しており、これに恥じないよう量産体制と安定供給に努めたい」と話した。

 JAおきなわ八重山地区本部の又吉建夫本部長、市農水部の岩下幸司部長、県八重山農林水産振興センターの玉城肇所長、JAおきなわ経営管理員の知念辰憲氏が激励に訪れた。

 初荷式には6生産部会の農家らが集まり、安全輸送と高値販売を祈願して酒と塩でトラックを清めた後、万歳三唱をして送り出した。輸送には八重山港運(株)、港運送(株)、OAS航空先島支店八重山営業所が協力した。

  • タグ: 初荷式園芸作物
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム