八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「七草雑炊おいしいよ!」 市内小中学校

島野菜の七草雑炊を味わった児童ら=7日午後、登野城小

島野菜の七草雑炊を味わった児童ら=7日午後、登野城小

島野菜を入れたメニューに舌鼓

 7日は七草、石垣市内の小中学校では給食に「七草がゆ」ならぬ「島野菜七草雑炊」が出され、児童生徒たちは七草雑炊に舌鼓を打ちながら、一年の健康を願った。

 7日は五節句の一つ「人日の節句」。この日に無病息災を祈願し7種の野菜を入れた「かゆ」を食べる習慣が中国から日本に伝わり「七草がゆ」となったと言われ、また正月の食べすぎや飲み過ぎで疲れた胃を休めるため、春の七草をおかゆに入れて食べる。

 この日の給食では、七草の代わりに島内で採れたニンジンやネギをはじめ白菜、小松菜、大根、ほうれん草、ショウガの7種の野菜が使われた。

 このうち、登野城小学校3年1組(29人)でもみんなで雑炊を味わい、上地希和さん(9)は「野菜がいっぱい入っていておいしい」、佐藤優丞君(8)は「味がしみ込んでいておいしい」と笑顔をみせた。

 担任の宮良弥生教諭(41)は「食を通して、季節の行事に関心を持ち、昔の人たちの生活の様子などを学んでほしい」と話していた。

  • タグ: 七草がゆ給食島野菜七草雑炊
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム