八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

感謝の気持ちをユンタで

97歳のカジマヤーを迎え、パレードで祝福を受ける山城清有さん=2日午前、平得公民館近く

97歳のカジマヤーを迎え、パレードで祝福を受ける山城清有さん=2日午前、平得公民館近く

平得では山城清有さんら

 数え97歳のカジマヤーを迎えた山城清有さん=石垣市平得=のパレードが2日午前、平得地区内で行われた。パレード後には山城さんは妻の幸子さん(91)とともに、平得に伝わるユンタ「バガー、ヒライ」を自ら歌い、感謝の気持ちを表現した。

 山城さんは1919年生。子ども5人、孫21人、ひ孫15人に恵まれており、「歳月の流れるのは早いもので、もうこの年かという気持ち。これからも若い者たちから元気をあやかって、100歳まで生きたい。今日は最高」と喜んだ。

 長女で山城さんと同じ未(ひつじ)年の辻野ヒロ子さん(70)は「元気な父は3世代で暮らしており、孫たちに囲まれた生活が長寿の秘訣(ひけつ)」と語った。

 パレードは平真小学校マーチングバンドレインボーを先頭に行われ、パレード後には、山城さん宅前で平得の棒術、婦人会の舞踊も披露された。

 平得公民館の崎原喬館長は「これまで女性のカジマヤーが多かった。男性の97歳は並大抵のことではない。同じ男として目標となる。我が村の誇りだ」とたたえた。

 平得公民館で同日、行われた平真未年生合同祝賀会(同実行委員会主催)では、山城さんのほか、カジマヤーを迎えた武内孝吉さんと兼浜ヨシさんなど生年者が集い、節目を盛大に祝った。

  • タグ: カジマヤー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム