八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

路上寝込み566件 八重山署

八重山署 路上寝込み統計

八重山署 路上寝込み統計

過去最多を更新か 233人に警告書

 酒に酔うなどして路上で寝込んでしまう「路上寝込み」の通報件数が29日時点で566件に上り、過去最多だった2013年の568件に迫っている。25日時点で561件だったが、26日2件、27日3件の通報があり、年越しを目の前にして過去最悪に近づいた。今年5、6月は2カ月連続で80件をオーバー、過去7年間で最悪だった。

 同署では4月10日から路上寝込み者に警告書を交付、対策を強化している。29日までに女性13人を含む233人に出し、このうち2回以上交付を受けたのは20人。5回交付されたケースもあった。同署は常習者に対し、道路交通法違反による検挙も辞さない構え。

 同署管内では、1月に石垣市石垣の通称18番街の駐車場で酒に酔って寝ていた男性が車にひかれて左鎖骨、右肋骨(ろっこつ)骨折など重傷事故が発生。07年には死亡事故も起きているほか、昨年は路上寝込みを狙った窃盗事件も4件発生している。

 同署地域課の船道安広課長は「飲み過ぎに注意してほしい。路上寝込みは事件・事故に巻き込まれる可能性がある。酒席に同席する仲間同士で気を付け合ってもらいたい」と呼びかけている。

 路上寝込みは道路交通法第76条に違反し、5万円以下の罰金が科せられる。

  • タグ: 路上寝込八重山署
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム