八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

二日酔い運転 検挙数の約3割

時間別検挙件数(12月19日現在)

時間別検挙件数(12月19日現在)

重大事故の危険性大 八重山署、朝方の取り締まり強化へ

 八重山署管内の今年19日時点の飲酒運転検挙数68件のうち、午前6時から同9時の時間帯に検挙されたケースが23件と全体の33.8%を占めていることが同署のまとめで分かった。午前7時台が13件で最多だった。この結果から同署では「二日酔い状態でハンドルを握っている実態がある」と分析。二日酔い運転の防止に向け、早朝の通勤、通学時間帯の取り締まりを強化し、12月(28日時点)の検挙数は27件に上っている。

 25日時点の検挙件数79件(暫定値)のうち、29人が酒気帯び運転を否認するなどして逮捕されており、同署によると、「寝たから大丈夫。休んだから大丈夫」などと話す検挙者が多いという。

 同署では「個々人がアルコールが残っていることに気が付いているはず」と話し、「意識が集中できない状態での運転は重大な事故につながる」として、朝方、夜間の取り締まりを強化している。

 また「年末年始は特に飲酒の機会も多い、さらに重点的に取り締まる」と話している。

 酒気帯び運転をした場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。

 個人差はあるが、500㍉㍑のビール1缶を飲んだ場合、アルコールが抜けるのに約4時間かかるとされている。

  • タグ: 八重山署飲酒運転
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム