八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

丹精込め600点余り 八重山菊同好会

菊花展示会への来場を呼びかける八重山菊同好会の与那原孫伝会長=26日午後、石垣市真栄里の与那原さんの畑

菊花展示会への来場を呼びかける八重山菊同好会の与那原孫伝会長=26日午後、石垣市真栄里の与那原さんの畑

あすから菊花展

 年末恒例の第47回菊花展示会(八重山菊同好会主催)が28、29の2日間、大川公民館で開かれるのを前に、会員らの自宅では丹精込めて育てた菊が咲き誇り、会場に並ぶのを待っている。

 展示会に会員15人が参加し、大菊や小菊など600点以上を展示即売する予定。27日午後には審査会で入賞作品を選ぶことになっている。

 与那原孫伝会長によると、今年は連日の乾燥と暑さで水分のコントロールが難しく、思い通りに仕上がっていない作品もあるが、全体的な出来はまあまあだという。

 会員の星英夫さん(78)=白保=によると、上部を丸く、ろうそくのような形に整姿するローソク仕立ては約1年前から準備。来年の展示会に向けて開花を調整するための電照をすでに行っており、来年4月ごろまで続けるという。

 与那原会長は「全国で今年最後の菊花展。ぜひ多くの方に来ていただき、作ってみたいという方、興味のある方は相談してほしい」と呼びかけている。

 同展示会は午前9時から。終了時刻は28日は午後5時、29日が午後3時。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム