八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

崎原教育長に辞職勧告 12月定例与那国町議会

崎原用能教育長への辞職勧告決議案を可決した12月定例与那国町議会の最終本会議=24日午後、議場

崎原用能教育長への辞職勧告決議案を可決した12月定例与那国町議会の最終本会議=24日午後、議場

事業執行で特別委を設置

 【与那国】与那国町議会(糸数健一議長)の12月定例会は24日夕方、最終本会議を開き、緊急動議として田里千代基氏が提出した崎原用能教育長の辞職勧告決議案と與那覇英作氏が提出した土木、建築(設計・施工、入札)に関する事業執行の事務の調査に関する決議案を、いずれも野党の賛成多数で可決した。同議会は同事業執行調査特別委員会を設置し、與那覇氏が委員長、崎元俊男氏が副委員長をそれぞれ務めることになった。

 辞職勧告について崎原教育長は「諸問題の解決に向けて取り組んでいるところ。まだやめるわけにはいかない」と述べ、続投する考えを示した。

 外間守吉町長は「辞職勧告には法的拘束力がない。(辞任するかは)本人の意志に任せる」と述べた。

 崎原教育長の辞任勧告決議案の審議では、提案者の田里氏が理由を説明し、2013年9月から14年9月までの議会で①職員の給食費の私的流用問題②中学生のプール事故問題③給食センター建設採択事業計画の廃案に伴う町への損失問題④公民館育成補助金の目的外流用問題|などについて、崎原教育長は「調査中」「監査中」「次の議会までに報告する」などと述べ、いまだに答弁保留を続けていると指摘。

 そのうえで「住民の疑義に応えておらず、議会を冒涜(ぼうとく)している」として、辞職を勧告した。

 討論では、前西原武三氏が「(崎原教育長が)丁寧に説明し、議論を深めているなかで、答えが出ないという不満から辞職勧告を出すのはいかがなものか」、大宜見浩利氏が「(崎原)教育長には何ら問題はない。解決に向けて話し合いを続けていくべきだ」とそれぞれ反対討論。

 崎元氏は「さまざまな問題に(崎原)教育長が真摯(しんし)に向き合っているとは思えない」と賛成討論を行った。

 土木、建築(設計・施工、入札)に関する事業執行の事務の調査に関する決議案については、與那覇氏が提案理由に「公正公平なまちづくり」を挙げた。

 調査は地方自治法第100条に基づくもので、調査項目は①入札に関する事項②積算の適正③業者選定に関する条例違反、工事における建設業法違反④比川田原、満田原地区におけるボーリング調査、ポンプ設置事業⑤まちづくり課の事業執行の事務|など6項目。

 質疑では、与党側がどのように取り組むか質問し、與那覇氏は「まだ分からない」と述べるにとどめた。

  • タグ: 与那国町議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム