八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

メジロザメ揚がる 中学生3人が退治

登野城地区魚類養殖場外側の海域で釣り上げられたメジロザメと、左から親川友希君、親川英和君、新里英也君=23日夕、八重山漁協登野城支所

登野城地区魚類養殖場外側の海域で釣り上げられたメジロザメと、左から親川友希君、親川英和君、新里英也君=23日夕、八重山漁協登野城支所

登野城漁港近く

 23日午後4時半ごろ、八島小学校東の登野城地区魚類養殖場防波外側の海域で、体長約2・2㍍、体重約80㌔のメジロザメが釣り上げられた。

 近くに住む親川英和(ひでたか)君(石垣第二中3年)と弟の友希君(同1年)、新里英也君(同3年)がサメ駆除用の仕掛けで退治した。

 親川君らによると、2日前から同海域で3頭のサメを目撃。この日、コウイカをエサに仕掛けたところ、ヒットした。

 約20分の格闘の末、消波ブロックまでたぐり寄せ、知り合いの漁業者に頼んで漁船で八重山漁協登野城支所まで運んだ。

 親川君らは「狙っていたので最高。サメを駆除できてよかった」などと話した。

  • タグ: サメ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム