八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全琉婦人芸能へ準備万全 大川婦人会が24年ぶり出演

全琉婦人芸能大会に向けた壮行会で稽古の成果を披露した大川婦人会=21日午後、大川公民館

全琉婦人芸能大会に向けた壮行会で稽古の成果を披露した大川婦人会=21日午後、大川公民館

壮行会で「豊穣の祈り」披露

 大川婦人会(玉代勢光子会長)は28日に那覇市民会館で開かれる第36回全琉婦人芸能大会(県婦人連合会主催)に24年ぶりに出演することになり、その壮行会が21日午後、大川公民館で開かれ、地域住民や婦人会関係者など約320人を前に、これまでの稽古の成果を披露した。

 同婦人会が同芸能大会で披露するのは、雨乞いによって神に祈りが伝わってもたらされた「ゆがふ雨」への喜びと感謝を表現した「豊穣(ほうじょう)の祈り」。大川独特の「ガーリー」なども取り入れており、この日は同婦人会の27人がステージを彩った。

 「四つ竹」や「かたみ節」、「フォークダンス」などもあり、会場から大きな拍手が送られた。

 玉代勢会長は「全琉大会への出場は会員や地域が心待ちにしていた。大川の誇りを背負い、堂々と演目を披露したい」と決意を語った。

  • タグ: 大川婦人会全琉婦人芸能
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム