八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

花の苗など人気 八重農

小雨がぱらつく中、大勢の市民でにぎわった八重山農林高校の農業祭=20日午前、同校

小雨がぱらつく中、大勢の市民でにぎわった八重山農林高校の農業祭=20日午前、同校

農業祭きょうまで

 「農笑(めぐみ)〜生命の農笑に感謝 笑いあふれる 農業祭〜」をテーマにした八重山農林高校(渡久山修校長、生徒288人)の第35回農業祭が20日から2日間の日程で始まった。初日は悪天候にもかかわらず、大勢の市民が訪れ、販売物を品定めしたり、各学科の活動紹介の展示に見入っていた。

 3年に1度開かれる農業祭は生徒の学習活動を広く一般に公開し、地域と学校の連携を深めるのが狙い。

 会場では生徒たちが授業や実習で作った野菜や草花の苗、精肉類、ケーキやパン、クッキーなどが販売され、買い求める人でにぎわった。

 このほど完成した農場実習棟では、プロジェクト発表や各学科の活動を紹介する展示などが行われ、来場者の関心を集めた。

 毎回訪れ、花の苗などを主に購入しているという女性(70)は「20年前から園芸にはまっていて、私にとって最高のイベント。ほかの所に比べて値段も安いし、質もいい」と話し、「卒業後も学校で学んだことをどんどん生かし、頑張ってほしい」と生徒たちにエール。

 草花の苗や観葉植物などを販売している生活科学科3年の宮良かなこさん(18)は「自分たちが作ったものが売れるとうれしい。豚汁も販売しており、みんなで協力しながら頑張っているのでぜひ足を運んでほしい」と呼びかけた。

 最終目の21日は午前9時30分から午後2時30分まで開かれる。

地図
  • タグ: 八重山農林高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム