八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ソラシドエアが参入 那覇—石垣路線

昨年3月に宮崎からのチャーター便で南ぬ島石垣空港に就航したソラシドエア機=2013年3月19日午前

昨年3月に宮崎からのチャーター便で南ぬ島石垣空港に就航したソラシドエア機=2013年3月19日午前

来年3月就航へ 航空会社6社に

 ソラシドエア(スカイネットアジア航空㈱、高橋洋代表取締役社長)=本社、宮崎市=は19日午後、来年3月29日から、那覇―石垣線を新設することを発表した。同社の南ぬ島石垣空港への就航は昨年3月に宮崎空港からのチャーター便以来で、定期就航は初めて。

 これで南ぬ島石垣空港に就航する航空会社は日本トランスオーシャン航空と全日本空輸、琉球エアーコミューター、スカイマーク、ピーチ・アビエーションを含め6社となる。

 同社では「九州・沖縄の翼」として、地域の需要に対応しており、これまでの沖縄と宮崎、鹿児島、神戸を結ぶ路線が好調だったことから、この先も沖縄をはじめ石垣島への需要も出てくることを見据え、新たに石垣線を新設することを決めた。

 使用される機材はボーイング社製737―800型(174席)。就航便数やダイヤ、運賃については来年1月下旬に発表する。

 このほか、那覇―名古屋線も新設する。

 ソラシドエアの石垣路線参入で航空会社が増えることについて、市観光交流協会の高嶺良晴会長は「どの航空会社に搭乗しても石垣島に行ける環境は大きい」と歓迎。

 また、新たな航空会社の参入で予想される混雑について、手狭な国際線ターミナルビルの改修に合わせ国内線ビルの改修、混雑する空港機能の調整などを行政に要請していく考え。

 中山義隆石垣市長は「九州の各都市とつながることになり、新たな観光需要の掘り起こしを期待したい」と話した。

  • タグ: ソラシドエア
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム