八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

具志堅用高さん“熱演”

第1回おきなわ新喜劇「Do You“シーミー”?」で、会場を何度も爆笑させた具志堅用高さん(中)=17日夜、市民会館大ホール

第1回おきなわ新喜劇「Do You“シーミー”?」で、会場を何度も爆笑させた具志堅用高さん(中)=17日夜、市民会館大ホール

おきなわ新喜劇でアドリブ連発

 県出身の人気お笑いコンビ、ガレッジセールのゴリさんがプロデュースする第1回おきなわ新喜劇「Do You“シーミー”?」の石垣島公演が17日夜、石垣市民会館大ホールで行われた。スペシャルゲストとして出演した石垣市出身の具志堅用高さんが国際ボクシング殿堂入り後初めて市民の前に姿をみせ、“熱演”した。公演後、ゴリさんに「地元でやるのは気分が違いますか」と問われ、「一番燃えたね」と答えて会場を沸かせた。

 公演は、前売りチケットが完売し、立ち見席を急きょ設けるほどの盛況ぶり。

 新喜劇は、旧暦3月のシーミー「清明祭」で親族が集まる墓が舞台。本土からヤクザが墓まで押しかけたり、沖縄戦で亡くなったはずの父親が実在していたりする沖縄版ドタバタコメディー。ゴリさん演じるブラジル日系3世と親族とのぼけ、突っ込みなど、笑いを通して沖縄の伝統文化や風習も学べる内容だった。

 具志堅さんは、娘の結婚に反対する母親を説得する役回りだったが、台本を覚えてこなかったのか、すべてアドリブ。本番中に「で、今日は何なの?」と聞く場面も。会場は爆笑の連続だった。

  • タグ: おきなわ新喜劇
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム