八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

歴代最高の101万9520円 八重山家畜市場

26429.png

今年最後のセリ始まる

 今年最後となる八重山家畜市場のセリが13日、2日間の日程で始まり、初日には雌子牛で101万9520円の歴代最高価格が出た。子牛価格が100万円を超えるのは同市場初めて。系統は父・安福久、祖父・百合茂。

 子牛の平均価格は前月を1万7773円上回る54万1993円。雄・雌とも平均価格が50万円を上回った。326頭、1億6300万円の取引が成立した。JA畜産部では、優良系統に加え、母牛として保留するためセリ価格が高騰したとみている。

 雄子牛の最高価格は77万4360円で、系統は父・北福波、祖父・安福久。

  • タグ: 八重山家畜市場セリ歴代最高
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム