八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新基地阻止へ決意強調 「公約実現に全力」

県議会12月定例会で所信を表明する翁長雄志知事=12日午前、県議会

県議会12月定例会で所信を表明する翁長雄志知事=12日午前、県議会

翁長知事が所信表明

 【那覇】県議会(喜納昌春議長)12月定例会が12日午前、開会し、翁長雄志知事が就任後初の本会議に臨み、所信を表明した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題では「知事選の結果を受けて、公約の実現に向け全力で取り組む」と表明し、新基地建設阻止への決意を強調した。

 同問題に関し「埋め立て承認の過程に法律的な瑕疵(かし)がないか専門家の意見も踏まえ検証。法的瑕疵があった場合は承認の『取り消し』を検討する」との考えを示した。

 この上で基地問題については「建白書の精神に基づき、県民が心を一つにし、ともに力を合わせて、国内外に向けた働きかけを行っていくことが、基地の負担軽減の実現につながる」と訴え、県民一丸となった取り組みを呼び掛けた。

 沖縄の将来像については「県民の誇りの上に経済や社会が成り立つ『誇りある豊かさ』を手にしていくことが今後の沖縄が目指すべき姿だ」と強調。実現のための視点として経済発展、生活充実、平和創造の三つのプランを挙げた。経済施策では、成長著しいアジアのダイナズムと連動した「アジア経済戦略構想」を策定する考えを表明した。

 翁長知事は今議会に約72億円の一般会計補正予算案、浦崎唯昭県議、安慶田光男那覇市議会議長の2人を起用する副知事選任の同意議案、指定管理者の指定など54件の議案を提出した。副知事の選任案件は、先議として15日の本会議で採決。16日に代表質問、17日に一般質問を行い、24日に閉会する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム