八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

16年度に光ケーブル 与那国

海底光ケーブルの陸揚室建設予定地に御神酒を注ぐ関係者ら=11日、NTT与那国局敷地内

海底光ケーブルの陸揚室建設予定地に御神酒を注ぐ関係者ら=11日、NTT与那国局敷地内

外間町長「瞬時に世界とつながる」 陸上部分工事で地鎮祭

 【与那国】県の離島地区情報通信基盤整備推進事業で与那国波照間間と与那国多良間間に敷設する海底光ケーブル整備工事のうち、陸上部分の工事が着工することになり、その地鎮祭が11日、祖納地区のNTT与那国局敷地内で行われた。工事は本島南部周辺離島を含めて実施し、16年度に終わる予定。

 与那国多良間間は約200㌔で、ケーブル陸揚げ地は祖納、与那国波照間間は約110㌔で比川が陸揚げ地なる。本年度は比川祖納間で陸上部分の光ケーブルを敷設することになっており、年明けに着工する。

 同事業は先島地区と久米島などの本島南部周辺離島に海底ケーブルを敷設して情報通信基盤を高度化するもので、2013年度から整備を推進。本島から宮古、石垣、西表、波照間に至る既設ルートに対して、今回新設するルートは糸満米須から多良間、与那国、波照間というルートで整備する。

 地鎮祭で外間守吉町長は「光ケーブルで瞬時に世界につながる。島の住民にとって通信格差の是正は大きい。通信網の発展は著しく、その恩恵はありがたい」とあいさつした。(田頭政英通信員)

  • タグ: 与那国島光ケーブル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム