八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川原(八商工2年)が初優勝 アーチェリー

第66回県民体育大会の非採点競技アーチェリーに出場し、優勝、準優勝など健闘した八重山代表メンバー=(八重山アーチェリー協会提供)

第66回県民体育大会の非採点競技アーチェリーに出場し、優勝、準優勝など健闘した八重山代表メンバー=(八重山アーチェリー協会提供)

古澤、山田が準V飾る

 第66回県民体育大会(県など主催)非採点競技のアーチェリー競技が11月22、23の両日、浦添市の鏡が丘特別支援学校で開催され、八重山は男子30㍍ダブルに出場した川原壯太(八重山商工2年)が前・後半合計610点で初優勝、古澤勝政が同603点で準優勝し、石垣勢が1、2位を占めた。男子50㍍、30㍍の部に出場した山田陽介が50㍍で297点、30㍍で317点の計614点で準優勝に輝いた。

 また八重山は男子総合で1229点で3位入賞を果たした。

 八重山アーチェリー協会の山田陽介事務局長は「4月に協会を立ち上げ、ようやく大会に出場するところまでこぎ着けた。川原壯太と私以外は試合に出るのも初だったが、十分に日頃の練習の成果を発揮してくれた」と振り返った。

 結果は次の通り。

 〈総合〉

 ▽男子=③八重山=1229点

 〈個人〉

 ▽男子30㍍ダブル=①川原壯太610点(前半・303点、後半307点)②古澤勝政603点(同・308点、同・295点)④川原輝久592点(同・291点、同・301点)⑦藤井成児567点(同・285点、同・282点)⑪高那航太郎395点(同・193点、同・202点)⑬玉城壽来人290点(同・126点、同・164点)⑭立津琉人217点(同・108点、同・109点)

 ▽同50㍍、30㍍=②山田陽介614点(50㍍・297点、30㍍・317点)

  • タグ: アーチェリー八重山商工高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム