八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大中男子駅伝チームが山口入り 全国中学校駅伝

笑顔をみせながらリラックスした表情でコースの下見を行う大浜中学校駅伝チームの選手たち=11日午後、山口県セミナーパーク・クロスカントリーコース

笑顔をみせながらリラックスした表情でコースの下見を行う大浜中学校駅伝チームの選手たち=11日午後、山口県セミナーパーク・クロスカントリーコース

島袋主将、リベンジへ決意

 【山口市・砂川孫優記者】14日の全国中学校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、日本中学校体育連盟など主催)へ出場する大浜中学校男子駅伝チーム(崎田尚孝監督)が11日午後、会場の山口市に到着した。1年ぶりの舞台に島袋太佑主将(3年)は「昨年の悔しさを思い出す。リベンジする」と気持ちを高ぶらせている。

 チームはこの日、午前9時に飛行機で南ぬ島石垣空港を出発。新幹線を乗り継いで山口入り。会場の山口県セミナーパーク・クロスカントリーコースには同日午後3時に到着した。気温は10度。風のない曇り空。

 コースの試走時間は午後4時までとなっており、この日は移動の疲れもあることから、選手らは一周3㌔のコースを走らずに歩いて体をほぐした。

 その後、宿泊先のホテルに戻り、筋力トレーニング。軽めのメニューでこの日の練習を終えた。

 チームは12日から本格的にコースを試走して最終調整を行う。崎田監督は同日夕、14日のオーダーを選手たちに伝えることにしている。

 前回大会に続いて2度目の全国大会出場となる大城岳(3年)は「この舞台にまたこられた。走れる喜びと楽しみな気持ちがある。もう一度全国の舞台で自分の走りをみせたい」と意気込んだ。

 初めて全国大会に出場する井戸天馬(2年)は「アップダウンが多いコースで楽しそう。全国のレベルは高いが、粘りの走りをみせたい。意外と寒く感じない」と語った。

 崎田監督は「1年ぶりにこの舞台に戻ってこられて気持ちが引き締まる。12日の夕方に現時点でのベストメンバーを発表する。ここまでやってきたすべての力を出すだけだ」と語った。

 大会は13日午後3時30分から維新百年記念公園スポーツ文化センター・アリーナで開会式。大浜中が出場する男子は14日午後12時15分号砲。

  • タグ: 大浜中学校駅伝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム