八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「国会の仕事、負けない」

勝利に向けて「頑張ろう」を三唱する西銘恒三郎氏(前列中央)と支持者ら=7日夜、ホテル日航八重山

勝利に向けて「頑張ろう」を三唱する西銘恒三郎氏(前列中央)と支持者ら=7日夜、ホテル日航八重山

西銘陣営が総決起大会
中山市長ら支持呼び掛け

 14日投開票の衆院選で沖縄4区に立候補している前職の西銘恒三郎氏(60)=自民公認、公明推薦=と、公明党(比例区)の八重山総決起大会が7日夜、市内ホテルで行われた。中山義隆石垣市長ら弁士が「辺野古反対だけで選挙に出ること自体間違っている」「無所属では国会で仕事はできない」「行動力、交渉力、実現力が抜群の西銘氏を国会に送ろう」と呼びかけ、西銘氏は「国会での仕事は相手に絶対負けない」と強調した。

 会場には、青色のはちまきを締めた支持者が集まった。

 後援会八重山支部長の中山市長は「4区の争点は八重山の生活を豊かにすること。総務副大臣の西銘さんなら離島の声が届く」と訴え、同支部選対本部長の砂川利勝県議も「相手候補は具体的な政策を出していない。本当の政治を西銘さんにやってもらおう」と支持を求めた。

 自民県連選対本部長の島尻あい子参議は「『公約違反』は真摯(しんし)に受け止めるが、安全保障を議論できない候補者はいらない」と述べた。

 自民石垣支部長の伊良皆高信市議、同竹富町支部長の西大舛高旬町議、公明八重山連合支部長の大石行英市議、外間守吉与那国町長、公明県本幹事長代理の上原章県議がマイクを握り、「公明党結党50周年を大勝利で」などと声を張り上げた。公明の遠山清彦氏のメッセージも紹介した。

 最後に青年部長の長山家康市議に合わせて「頑張ろう」を三唱した。

  • タグ: 衆院選挙
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム