八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新県立八重山病院 イメージ模型が完成

新県立八重山病院のイメージ模型(色はまだ決まっていない)=29日午前、八重山病院内

新県立八重山病院のイメージ模型(色はまだ決まっていない)=29日午前、八重山病院内

施設配置固まる 2017年内の開院目指す

 旧石垣空港跡地での新県立八重山病院建設事業は、基本設計業務で施設配置が固まり、イメージ模型、コンピューターグラフィックス(CG)が完成した。旧石垣空港跡地の新空港アクセス道路に接した敷地約3万9900平方㍍の北方に一部5階建ての病院、南方に約500台の駐車場を配置した。病棟は4床室と1床室の混合で、病室からは海か山がみえるように設計している。県によると、年内に基本設計、来年3月までに実施設計を終える予定だ。2015年度から工事に入り、17年内の開院を目指す。(9面に関連)

 新病院建設では「八重山の風土、環境と共生する進化し続ける病院」をコンセプトに空間づくり、デザイン、快適な施設を心がけ、基本設計業務を行っている。

 病院の建築面積は2万3000平方㍍。1階は総合受付、各診療科目の外来、救急、検査室、リハビリ室などが入る。エントランスホールは吹き抜け。明るく心地よい空間を計画する。正面玄関から2階に上がるエレベーターまで一直線で行ける通路を確保した。

 2階は一部外来と手術室、集中治療室(ICU)、産婦人科。1階の救急措置室から専用エレベーターで手術室やICUをつなぎ、迅速な救急対応を図る。

 3、4階は病棟で、4床室と1床室で構成。各階では、2カ所のスタッフステーション(SS)に加えサブSSを設けることで、病室の患者をより近い位置で見守る環境を整備する。

 屋外では園庭、散策路を設け、屋外でリハビリができるようにする。

 イメージ模型やCGは29日、第2回八重山病院祭りで公開された。基本設計を行っている業者の担当者は「医療の途切れのない部門配置を意識し、外来棟と病棟を融合させ、立地に溶け込むような設計を心がけている。その土地、地域をみて周辺環境や自然環境、文化を意識して設計している」と話した。

 来場し、模型とCGを見た中山義隆市長は「明るく広い雰囲気になっている」と評価。依光たみ枝院長は「郡内の中核病院として、地域住民に信頼され、愛される病院にしなければならない。住民にも自分たちの病院という意識をもってもらいたい」と話した。

  • タグ: 新県立八重山病院
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム