八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山人口、宮古抜く 県統計課口

1920年以降初めて
移住者による社会増要因

 【那覇】増加傾向をみせていた八重山の人口が宮古を10人上回る5万2728人(11月1日現在)となり、統計のある1920(大正9)年以降、初めて逆転したことが28日、県統計課が公表した県推計人口で分かった。八重山は与那国町で人口の「社会減」がみられるが、石垣市と竹富町では移住ブームなどがあり、若い世代による「社会増」が人口増加の要因とみられている。宮古は転出者の増加などが減少につながったようだ。

 20年の国勢調査によると、八重山の人口は3万2063人で、宮古は5万3098人だった。戦後初の50年の調査では八重山4万3986人に対し、宮古は7万4618人で、人口差は3万632人まで拡大していた。

 80年に八重山4万4314人、宮古は6万464人、2000年には八重山4万8705人、宮古5万5587人となった。八重山の人口が年々、移住ブームなどで増加する一方で、宮古は出生率が高いものの、高齢者と転出者が多いことなどによる人口の「社会減」が顕著にみられた。その後、14年10月の県推計人口まで宮古の人口が八重山を上回っていた。

 今年11月1日現在の両地域の人口を前年同月と比較すると、八重山が0.35%増加しているのに対し、宮古は0.54%減少した。

 県の計画として企画調整課は「雇用創出、子育て支援、移住者の定着対策などの施策展開で2100年の人口を八重山は7万1000人、宮古は5万4000人と推計している」との見通しを示した。

  • タグ: 人口
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム