八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島ファンド 第1号は八重泉

石垣市商工会40周年記念事業「石垣島ファンド事業」の第1号に決まった泡盛古酒を製造・熟成する「八重泉酒造泡盛古酒ファンド2015」をPRする㈲八重泉酒造座喜味盛二代表取締役(左から2人目)ら=27日午後、同社

石垣市商工会40周年記念事業「石垣島ファンド事業」の第1号に決まった泡盛古酒を製造・熟成する「八重泉酒造泡盛古酒ファンド2015」をPRする㈲八重泉酒造座喜味盛二代表取締役(左から2人目)ら=27日午後、同社

古酒製造で出資募集開始 市商工会「新たな会員支援の形に」

 インターネットを通じて不特定多数の投資家から資金を調達するクラウド・ファンディングの「石垣島ファンド事業」で、㈲八重泉酒造(座喜味盛二代表取締役)が泡盛古酒を製造・熟成する「八重泉酒造泡盛古酒ファンド2015」がその第1号に決まった。

 同事業は石垣市商工会が40周年記念事業としてファンド運営会社のミュージックセキュリティーズ㈱(本社東京、小松真実代表取締役)と共同で実施し、希望事業者を探していた。

 八重泉酒造は27日から同社が運営する「マイクロ投資プラットフォーム・セキュリテ」(http://www.musicsecurities.com/)で投資家の募集を始めた。期間は来年5月28日まで。出資募集総額は945万円(315口)で、1口3万1710円。

 出資金は2017年に販売予定の3年熟成「八重泉古酒44度」(10㌔㍑)の製造費に充てる。八重泉酒造は1538万8900円の売り上げを目指すことにしており、達成すれば3万2818円の分配金が予想される。

 出資者には1口につき、琉球泡盛を2本進呈する。古酒の仕込み時期と発売開始時期に合わせた蔵見学会も予定している。

 座喜味社長は「3年間熟成した古酒を飲んでもらい、1人でも多くの八重山ファンをつくりたい。小さな泡盛業者に全国の投資家がどれだけ目を向けてくれるか不安だが、社をあげて臨みたい」とコメント。

 市商工会の平田睦事務局長は「当会にも融資制度があるが、多くの人から少額の投資を募るこの事業は、新たな会員支援の形になる」と話している。

  • タグ: 石垣島ファンド
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム