八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

兄妹そろって大きな受賞 平田誇君とつぶらさん

作文コンクールで兄妹そろって入賞した平田つぶらさん(左)と誇君=26日夕、平真小校長室

作文コンクールで兄妹そろって入賞した平田つぶらさん(左)と誇君=26日夕、平真小校長室

新聞社の作文コン

 このほど審査があった「第8回いつもありがとう作文コンクール」(朝日学生新聞社主催)で、平真小学校2年の平田つぶらさんがミライフ賞を受賞した。同校4年生で兄の誇(ほこる)君は「こども作文コンクール 感謝の心を未来につなぐ」(読売新聞社主催)で大賞に輝き、兄妹そろって大きな受賞となった。

 いずれも家族への感謝の気持ちなどをテーマにした作文コンクールで、つぶらさんは3万3131点、誇君は400点の応募作品の中から選ばれた。

 5人兄弟の末っ子のつぶらさんは、インフルエンザで寝込んだ時に、兄弟たちが優しくしてくれたことを作文につづった。誇君は作品の中で「自分がどんな人になっていくか」など祖父母が育てた自分の父親と自身の成長過程を重ねた。

 26日に同校で喜びを語ったつぶらさんは「受賞できてうれしい。なかなか言えないけど、ありがとうの気持ちを伝えていきたい」と話し、誇君は「とてもうれしい。お父さんは厳しいけど、自分もお父さんのようにしっかりした人になりたい」と感想を述べた。

 また、つぶらさんは賞金3万円を公益財団法人日本盲導犬協会、誇君は賞金5万円を心臓病のらい君を救う会にそれぞれ寄付した。

  • タグ: 朝日学生新聞社読売新聞社作文コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム