八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

波照間路線、1日2往復検討 航空路線開設協議会

第一航空 片道7000円を目安に

 【那覇】石垣-波照間、石垣-多良間路線の2015年度下半期再開に向けた第3回石垣拠点航空路開設検討協議会(会長・謝花喜一郎県企画部長)が26日午後、県庁で開かれた。会合では就航する第一航空㈱が各路線をDHC-6ツインオッター機(19人乗り)で1日2往復する運航スケジュールを検討していることなどが報告された。今後、地元との調整などを経て、来年3月の協議会で就航基本計画を策定することを確認した。

 協議会は、県と竹富町、多良間村、第一航空㈱で構成。第3回会合では、同社の那覇-粟国路線を参考にした運賃の目安を検討中であることも報告。それによると、両路線とも離島住民が片道7000円程度を目標とし、さらに県の沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業を活用して約4割低減する。

 観光客などについては、片道1万1000円を目標に同事業の適用で約3割の低減を目指すとしている。会合で竹富町の川満栄長町長は、すでに郷友会などを中心とした利用促進協議会を立ち上げ、地元客の利用を促す活動に取り組んでいることを報告した。

 波照間空港でのチェックインや保安検査、手荷物積載などの旅客ハンドリング業務は、第一航空が行い、地元住民の雇用も計画している。同社は、国75%、県から25%の補助を受けて、14年度中にDHC-6ツインオッター2機を購入することが決まっている。

  • タグ: 波照間路線航空路線開設協議会波照間島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム